コーティングのススメ

窓ガラスのコーティング技術はいま注目されています

二酸化炭素排出による地球温暖化や津波による福島第一原子力発電所の事故などを受け、現在は企業はもとより一般家庭にも節電・省エネ対策が求められています。それには、夏場の冷房や冬場の暖房の設定温度を控えることが大事ですが、冷暖房の効率を上げるための取り組みも有効な手段となります。 中でも、窓ガラスは一番熱が出入りするところです。外の光を取り込んで部屋を明るくする反面、熱の通り道になっていますので、その断熱や遮熱をすることが効果的となります。 そこで最近注目されているのが、窓ガラスに直接断熱や遮熱性の高いコート剤をコーティングする技術です。従来の断熱フィルムを貼るよりも高い断熱・遮熱効果があります。また、紫外線をカットしたり冬場の結露を防ぐ効果も期待出来ます。

出来るだけ経験のある専門業者に相談を

窓ガラスのコーティングは、ガラス貼り替えや断熱フィルム施工よりもリーズナブルで、一度コーティングすれば10年の耐久性があります。また、網入りガラスのように断熱フィルムを施工出来ない場合でもコーティングなら施工可能です。 窓ガラスのコーティング施工は、ガラスの油膜を取り除いてからプライマーと呼ばれる下塗り剤を塗布しその上からコート剤を塗布します。作業自体は単純ですが、ムラにならないよう均一に塗布する技術が必要なため、専門の業者に施工依頼するのが一番です。施工時間は、1日8時間の作業でおおよそ15平方メートル程度です。インターネットで調べれば近くの窓ガラスコーティング専門業者を探すことが出来るはずです。新しい技術ですので、出来るだけ経験のある信頼のおける業者に相談してみて下さい。 電気代を節約して快適なエコ生活を送りたい方にお勧めします。